どちらも向日葵という意味のお店ですが、どちらも大人気店です。

福岡市西区今津の海岸沿いを車で走っていると、可愛らしい白い建物が目に入ってきます。
青い海をバックに、すがすがしい白。テラス席のパラソルが目を引くこのお店が大人気のカフェ、sunflowerです。
福岡市西区から糸島市にかけては、おしゃれなカフェが多くありますが、その中でもsunflowerはかなり人気の高いお店であるため、平日であっても、駐車場に車がなかなか停められない、ということがよくあります。
店内の雰囲気は、シンプルでカジュアルなスタイルですが、居心地がよくてついつい長居をしたくなってしまうような空気が流れています。
大人気のランチメニューは、どれもボリュームがあって、おしゃれな内容になっています。
なかでも一押しなのが、スイーツビュッフェ。
ランチかドリンクを注文すれば、390円プラスで3ピース、590円プラスで5ピースのスイ−ツを付けることができます。
スイーツは季節によっても若干変わるようです。
1人で5ピースなんて!とカロリーが気になる方は同伴者とシェアしてもよいと思いますが、スイーツの一つ一つは割と小ぶりなサイズなので、5ピース頼んでも1人で残さずいただくことができます。
ロケーションの良さを生かしたお勧めの時間帯は、私にとっては夕暮れ時です。
潮風に当たり、変わっていく空の色を眺めながら、まったりとした時間を過ごすのも良いですよ!
このsunflowerに隣接して、ゾンネンブルーメというドイツパンのお店があります。
ゾンネンブルーメはドイツ語で向日葵、という意味です。
先ほどご紹介したsunflowerと、意味的には同じですね。
ドイツパンのゾンネンブルーメも、どこか可愛らしい外観で、店内には海が見えるテラス席もあります。
このゾンネンブルーメは、ドイツでマイスターを取得したスタッフが、ドイツから輸入した石窯で毎日パンを焼いています。

店内には、ライ麦パンを中心としたドイツパンがたくさんあって、目移りしてしまいます。
お勧めなのは、お店の名前を冠したゾンネンブルーメです。
向日葵の種入りのこのライ麦パンは、ずっしりと重く、そのままでも楽しめますが、薄切りにして火を通せば、さくっとした食感を味わうことができます。
栄養もたっぷりで朝食などにお勧めです。
福岡にいながら、本格的なドイツパンを味わうことができるゾンネンブルーメ。
何度も立ち寄りたくなってしまうお店です。
今津方面へドライブに行くと、sunflowerとゾンネンブルーメ、どちらに立ち寄るべきか、いつも迷ってしまいます。